スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルワイヤーの株価はどうなるのか。

ストップ高の後に大幅に下落したソーシャルワイヤーの株価はどうなるのか。
しかも、7/31には決算発表が控えているというこの状況。

ソーシャルワイヤーの株主であるユナイテッドの大量報告書が出てました。
こやつらが見事、ストップ高で売り抜けていました。おそらく株価を吊り上げたのもユナイテッドか?ここは確証はありませんが。
約10万株ほど売り抜けていました。持ち株の約3%位。
おそらく、売り株の出来高のほとんどがユナイテッドが売ったものでしょう。
買ったのは個人投資家か?それとも、大口?大口がかっていたら面白そうですけど。

ユナイテッドは5月26日にも大量報告書だしていますね。ここでも少し売っていました。
ユナイテッドは安定株主ではないようですね。おそらく、今後株価が上がれば売り抜けるのでしょう。

株主構成みるとSBI関係の投資組合がいますね。
ユナイテッドの代わりにSBIがもう少し深く食い込んでくると株価はあがりそうですけど。

決算発表が月曜日ですけど、ここでコケるとやばそうですね。完全にはめ込みになりそうです。
しかしながら、個人的には良い数字出せそうだと思っています。

ソーシャルワイヤーの事業は大きく分けて(ニュースワイヤー事業)と(インキュベーション事業)の2つがあります。
詳しくはアナリストレポートに書いています。
特にこのインキュベーション事業のレンタルオフィスが好調なようで、個人的には結構売上に貢献するのではないかとおもっています。
ただ、決算発表を見てみないとなんとも言えませんが、とにかくいい数字だしてほしいです。

決算、無事通過ならいずれは2,000円目指す展開に、コケれば全戻しに下落基調でしょう。
全ては決算次第。



スポンサーサイト

DMPは買いなのか

DMPも気になるので割安かどうか調べてみた。

赤字だからPERに指標としての価値は無いので、割安かどうか判断するこは不可能。
買う判断は、業績回復の目処がたつかどうか次第。

決算書みると、顧客の需要が画像処理半導体「VF2」ではなくて、後継機となる次世代画像処理半導体「RS1」となっている。
そのため、「VF2」はもう売れないので減損処理して106百万円損しましたと書いてました。

さらに、AIプロセッサーIP「製品名:ZIATM DV700」を開発するらしいから、また開発費用で赤字になるのでしょう。

一応、次世代画像処理半導体「RS1」はサンプル版は出荷しており、販売の目処は立ってきてるよう。
「RS1」が売れるかどうかにかかっている。バンダイナムコと業務提携して開発した「RS1」にかけるかどうか。

てか、この会社2013年3月期 本決算以降黒字になってないじゃん。株価もそれを物語っている。
なので、よっぽどのことがない限り、大幅な上昇は難しいかも。
でも、爆益を狙うなら、「RS1」を売り出す、今が買いなのでしょうか。

でも、資金に余裕ない人はわざわざ投資する価値はない気がします。

投資は自己判断です。

キャリアインデックスは割安かどうか

★キャリアインデックス
現在のPERは26.5倍です。サービス業の平均PERが24.75。
2016.03期の利益は1.5億。2017.03期の予想利益は3.0億

①決算発表前の株価が割安かどうか
サービス業の平均PERが24.75。約25と考えると。

25(PER)×1.5億( 2016.03期利益)=37億(時価総額)

37億(時価総額)÷5,178千株(発行株式)=714(株価)

当然ながら、PERは2017.03期の利益を織り込んでいる。

25(PER)×3億( 2017.03期利益)=75億(時価総額)

75億(時価総額)÷5,178千株(発行株式)=1.448(株価)

現在の株価は1,522なので、やはり、PERは2017.03期の利益を織り込んでいる。
というか、上場時の初値の2,000円は割高過ぎ。だから、それ以降下降トレンドなわけだ。

②決算発表後の株価が割安になるかどうか
現在の株価は2017.03期の利益が達成できることが前提であるため、未達にならない限り、買っても問題ない。
尚且つ来期の利益を2倍位にできる根拠のある決算であれば確実に上がるはず。

逆に未達で来期予想が悪いとアウト。

決算ギャンブルするか

デジタルアイデンティティは割安か

★デジタルアイデンティティ
現在のPERは22.5倍です。サービス業の平均PERが24.75。
2016.12期の利益は2.0億。2017.12期の予想利益は2.5億

○現在の株価が割安かどうか
サービス業の平均PERが24.75。約25と考えると。

*2016.12期の利益は2.0億で計算

25(PER)×2億( 2016.12期利益)=50億(時価総額)

50億(時価総額)÷2,101千株(発行株式)=2.378(株価)

*2017.12期の利益は2.0億で計算

25(PER)×2.5億( 2016.12期利益)=62.5億(時価総額)

62.5億(時価総額)÷2,101千株(発行株式)=2.974(株価)

結論としては決算発表後の進捗率及び期待感のあるIRが出れば買いかも。
割安かどうかは、買えない水準ではないけど、この会社の期待感があまりないんで、それがPERにもでてるかも。

よっぽどのことがない限り3,000円は超えないかと。でも、決算が悪くなければ2,400を割ることはないかと。

日本モーゲージサービスはどこまで下がるのか

日本モーゲージサービスが今期業績見通しを大幅減益にしたため、株価の下落は避けられないでしょう。
じゃあ、どのくらいまで下がるのか予想してみようと思います。

★日本モーゲージサービス
現在のPERは14.14倍です (05/11)。その他金融業の平均PER11.4(2017年4月末東証1部の平均)。
前期の利益は5.6億。当期の予想利益は3.4億

①決算発表前の株価が割安かどうか
その他金融業の平均PERが11.4。
11.4(PER)×5.6億(前期利益)=63億(時価総額)

63億(時価総額)÷2,379千株(発行株式)=2.683(株価)
これ位の株価が水準であるはず。

5.6億(前期利益)÷2,379千株(発行株式)=235(EPS)

株価2,794 (05/11)ですから、既に割高。おそらく好決算を見越しての買いが入っていたはずです。

②決算発表後の株価が割安になるかどうか
その他金融業の平均PER11.4(2017年4月末)。
11.4(PER)×3.4億(今期利益)=38億(時価総額)

38億(時価総額)÷2,379千株(発行株式)=1.629(株価)

3.4億(今期利益)÷2,379千株(発行株式)=142(EPS)

さすがに、ここ迄下がることはないと思いますが、長い目で見れば2,000円割は確実か。

仮に平均PERが15で計算してみても。
15(PER)×3.4億(前期利益)=51億(時価総額)

51億(時価総額)÷2,379千株(発行株式)=2.143(株価)

やっぱり、2,000円割れもしくは前後で横横か下降トレンドか。

決算資料をみると、「新築住宅着工戸数の継続的な増加は見込みにくいことが予想されます」とか「ストック循環型ビジネス」とか書かれています。これは、成長止まったか。成長前提のマザーズ市場でこれはまずいですね。

ストック型収益とは聞こえは良いですが、どうもたいして儲かる感じではないですね。
G=FACしかり、エイトレッドしかり。これらの会社も、ストック型収益をアピールしていますが、株価は低迷してますからね。

ストック型収益とか言い始めたら危ない兆候かも。

結論
1,700~2,100まで下がるただし、東証1部の平均PERを使用しているので現実的には2,000円前後か。
マザーズの場合期待値が含まれているから、今回のように期待値がなくなったら東証1部の平均PERが妥当な気がした。



プロフィール

songirimann

Author:songirimann
経済的勝者になるには株で勝つしかない!!自由人が億人になれるか!!!投資金額400万円をどこまで増やすことができるのか!

★株式資産推移★
(見込み利益は含まず確定分のみ)
2017年01月 400万で開始
2017年03月 462万
2017年04月 447万
2017年05月 451万
2017年06月 462万
2017年07月 459万
2017年08月 447万
2017年09月 453万
2017年10月 446万
2017年11月 440万
2017年12月 520万
2018年1月 620万
2018年 2月 620万
2018年 3月 580万
(保護主義ABCD包囲網)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。