日本モーゲージサービスはどこまで下がるのか

日本モーゲージサービスが今期業績見通しを大幅減益にしたため、株価の下落は避けられないでしょう。
じゃあ、どのくらいまで下がるのか予想してみようと思います。

★日本モーゲージサービス
現在のPERは14.14倍です (05/11)。その他金融業の平均PER11.4(2017年4月末東証1部の平均)。
前期の利益は5.6億。当期の予想利益は3.4億

①決算発表前の株価が割安かどうか
その他金融業の平均PERが11.4。
11.4(PER)×5.6億(前期利益)=63億(時価総額)

63億(時価総額)÷2,379千株(発行株式)=2.683(株価)
これ位の株価が水準であるはず。

5.6億(前期利益)÷2,379千株(発行株式)=235(EPS)

株価2,794 (05/11)ですから、既に割高。おそらく好決算を見越しての買いが入っていたはずです。

②決算発表後の株価が割安になるかどうか
その他金融業の平均PER11.4(2017年4月末)。
11.4(PER)×3.4億(今期利益)=38億(時価総額)

38億(時価総額)÷2,379千株(発行株式)=1.629(株価)

3.4億(今期利益)÷2,379千株(発行株式)=142(EPS)

さすがに、ここ迄下がることはないと思いますが、長い目で見れば2,000円割は確実か。

仮に平均PERが15で計算してみても。
15(PER)×3.4億(前期利益)=51億(時価総額)

51億(時価総額)÷2,379千株(発行株式)=2.143(株価)

やっぱり、2,000円割れもしくは前後で横横か下降トレンドか。

決算資料をみると、「新築住宅着工戸数の継続的な増加は見込みにくいことが予想されます」とか「ストック循環型ビジネス」とか書かれています。これは、成長止まったか。成長前提のマザーズ市場でこれはまずいですね。

ストック型収益とは聞こえは良いですが、どうもたいして儲かる感じではないですね。
G=FACしかり、エイトレッドしかり。これらの会社も、ストック型収益をアピールしていますが、株価は低迷してますからね。

ストック型収益とか言い始めたら危ない兆候かも。

結論
1,700~2,100まで下がるただし、東証1部の平均PERを使用しているので現実的には2,000円前後か。
マザーズの場合期待値が含まれているから、今回のように期待値がなくなったら東証1部の平均PERが妥当な気がした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

songirimann

Author:songirimann
経済的勝者になるには株で勝つしかない!!自由人が億人になれるか!!!投資金額400万円をどこまで増やすことができるのか!

★株式資産推移★
(見込み利益は含まず確定分のみ)
2017年01月 400万で開始
2017年03月 462万
2017年04月 447万
2017年05月 451万
2017年06月 462万
2017年07月 459万
2017年08月 447万
2017年09月 453万
2017年10月 446万
2017年11月 440万
2017年12月 520万
2018年1月 620万
2018年 2月 620万
2018年 3月 580万
(保護主義ABCD包囲網)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR